忍者ブログ

hirano.xxxxxxxx.jp

自分用のメモ置き場
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

pgAdmin3 1.8.0




















pgAdmin3です。PostgreSQL入れたらこれ必須ですよっ。

※Windowsだと本体といっしょに勝手に入ります。(´ω`)

んー・・・。バイナリはナイ。
あきらめてソースからコンパイル頑張ります。ソースはこのへん

※めっちゃタイミング良く新しいのが出てる。(´・ω・`)

□Yumでインストールしておくパッケージ

・libxml2
・libxml2-devel
・libxslt
・libxsl-devel
・openssl
・openssl-devel

□Yumでインストールしちゃだめなパッケージ

・wxGTK
・wxGTK-devel
・wxGTK-gl
・wxGTK-stc
・wxGTK-xrc

DAGのレポジトリを追加していなければ出てきません。

□wxGTK
http://www.wxwindows.org

ここからwxGTKっていうのをダウンロードします。
コンパイルは簡単。

./configure --prefix=/usr/local/wxGTK-X.X.X --enbale-unicode
make
make install
cd contrib
make
make install
cd /usr/local
ln -s wxGTK-X.X.X  wxGTK

□共有ライブラリパス追加

これ知らなかったなー。(´・∀・`)
よーするに/libと/usr/lib以外のところに共有ライブラリをインストールした場合に、ロードもジュールが共有ライブラリを見つけられるようにします。

※やっぱり/usr/libとかいらな(ry

/etc/so.conf.dに以下の2つのファイルを作ります。

ファイル名:pgsql-i686.conf
/usr/local/pgsql/lib

ファイル名:wxgtk-i686.conf
/usr/local/wxGTK/lib

で以下のコマンドを実行します。

ldconfig

□pgAdmin3

やっと本体。(^ω^;)

./configure --with-wx=/usr/local/wxGTK
make
make install

できましたよっと。


起動するとワトソン博士みたいな人がいろいろ指摘してくれます。
さすが。(・∀・)

以下、私が指摘されたこと。

指摘内容 対処方法
「AutoVacuum動いてません!」 postgresユーザで/usr/local/pgsql/data/postgresql.confを変更します。
※データベースの再起動が必要

以下の項目をonにします。

・autovacuum = on
・stats_start_collector = on
・stats_row_level = on
「管理機能が構成されていません!」 postgresデータベースに
/usr/local/pgsql/share/contrib/adminpack.sql
を実行します。

PR

× CLOSE

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

[09/19 Gatu]
[06/08 石井弘明]
[03/04 yama]
[02/15 ひらの]
[02/14 魔]

最新記事

最新TB

ブログ内検索

最古記事

(12/30)
(01/03)
(01/04)
(01/04)
(01/04)

NINJATOOLS

× CLOSE

Copyright © hirano.xxxxxxxx.jp : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]